保護者・生徒の声
保護者・生徒の声

生徒の声

あうるの森で過ごしてみて

私は中学校一年生の時に不登校になりました。
初めは私も私の家族も周りに不登校の人がいなくてもめてしまうことがよくありました。
不登校になって約一年たった中学二年生の時、あうるの森を親に紹介されました。
初めはどんなところなのか分からなくて行きたくなかったけど、見学に行ってみて楽しそうなところだと思いました。
入って一番に思ったことはキレイだなということです。施設という感じではなく、児童管というような雰囲気でした。
先生も皆さん優しくて、不登校への考えが他の人とは違っていて自分を受け入れてもらえた気がして、とても安心しました。
勉強もむりのないペースで私立の高校に受かることができました。他にもたくさんのイベントなど家にいてはできないことばかりで本当に来てよかったなと思います。
あうるの森にきて不登校は自分だけじゃないと思えて理解してくれる人がいるとわかったことは、私の人生でとても大切なことだと思います。
高校へ行っても自分らしく前を向いて進めたらいいです。

あうるの森で過ごしてみて

僕は中学二年生から不登校になり中学三年生からあうるの森に通いました。
あうるの森での思い出は演劇です。
僕は演劇で主役を演じました。
6月からの準備で11月に中央図書館の行動で演技をしました。
いちばん最初は自分が主役になるとは思ってもいなかったし自分に主役が務まるかわからなかったし主役なんて嫌だなーと思いながらも演劇の練習をしました。

みんなで演劇の練習をしていくうちにみんなも練習に励んでくれて楽しかったです。
当日は講堂にたくさんの人がいて、とても緊張したけど本番はとっても楽しかったです。
僕春から全日制の通信高校に通います。
高校生活が楽しみです。

保護者からの声

画像をクリックすると拡大します。

H様

あうるの森は小1の娘が週4日お世話になっています。
「学校の宿題+α」で見ていただき、また、強制的に机に向かわせるのではなく、本人のやる気が出るようにフォローしていただいているので、大変ありがたく思っています。
帰宅後から就寝するまでの短い時間を「宿題早くやりなさい!」なんて怒ることもなく、「今日も頑張ったね」と褒めて1日をしめくくれることが、あうるの森を利用して1番よかったと思えることです。
個々のレベルに合わせて学習を進められる点、他の学校や学年の違うお友達からいろいろな刺激を受けられることも学習塾とは違った良さだと思います。

N様

初めて伺ったのは昨年のクリスマス会でした。かわいらしい一軒家のドアを開けると、「こんにちは~」と笑顔の先生方。
その優しい声に息子がほっとした表情になった事を覚えています。
その日は、4~5人のグループに分かれ、ケーキのデコレーション。
生クリームを泡立てる中学生の女の子に「あうるの森ってどう?」と聞くと、「楽しいです!!小学校の頃から通いたかった…。」と明るい声。
申し込みを決めていた私たち両親にとって、この言葉は嬉しく、心強く思いました。
小1の息子は今年の4月より通っています。他の小学校のお友達との交流もとても楽しい様子です。
学校の宿題はもちろん、月1回ある学年テストの勉強も見てくださり、迎えに行くと息子の学習の理解度も伝えてくださり、感謝しています。
息子にとっては、楽しい「あうるの森」
両親にとっては、安心してお願いできる「あうるの森」です。

H様

あうるの森は小1の娘が週4日お世話になっています。
「学校の宿題+α」で見ていただき、また、強制的に机に向かわせるのではなく、本人のやる気が出るようにフォローしていただいているので、大変ありがたく思っています。
帰宅後から就寝するまでの短い時間を「宿題早くやりなさい!」なんて怒ることもなく、「今日も頑張ったね」と褒めて1日をしめくくれることが、あうるの森を利用して1番よかったと思えることです。
個々のレベルに合わせて学習を進められる点、他の学校や学年の違うお友達からいろいろな刺激を受けられることも学習塾とは違った良さだと思います。

ページメニュー